ソフトバンク光はヤマダ電機で申し込むともったいない!

なぜソフトバンク光をヤマダ電機で契約したら損なの?

ソフトバンク光はヤマダ電機で申し込むともったいない!他のキャンペーンと比べて

 

ソフトバンク光に限らず多くのインターネット回線業者と契約する際にはヤマダ電機などの家電量販店はメリットがありません。まずキャッシュバックなどのキャンペーンがヤマダ電機には少ない上に、キャッシュバックの条件に大量のオプションがあるというような面倒さがあります。これはヤマダ電機の店員の人件費分のようなもので、インターネット上での契約との大きな違いです。

 

ヤマダ電機で契約するというのは、店員についてもらって契約するということなので、その人の人件費分がインターネット上での契約よりも掛かります。それがオプションという形で月額に乗っているようなもので、これは非常にもったいないでしょう。

 

当然ヤマダ電機の店員がくれる情報というのは、ヤマダ電機にとって有利になるもので、決して消費者が客観的に情報を判断するというためのものではありません。

 

なのでヤマダ電機にサービスを一方的に売り込まれるような形になり、これだと明らかに損になります。インターネットなら無料で情報を比較検討できる上に、ヤマダ電機の店員の人件費分の無駄なオプションが乗らないというメリットがあります。

 

もったいないのはソフトバンク光だけじゃない

 

インターネット回線だけでなく、携帯電話やポケットwifiに関しても現代ではヤマダ電機のような実際の店舗で申し込むのは圧倒的に損です。特に携帯電話はこの傾向が強く、ソフトバンクショップなどでは携帯電話もインターネット回線も申し込みが可能ですが、ヤマダ電機と同じく辞めた方が良いでしょう。

 

人件費がかかるという上に、消費者が情報を持たないのをいいことに、明らかに不利な条件で契約を結ばせるということがかなり多いです。消費者が他の業者の情報も持っていて、客観的な比較ができる状態であれば良いのですが、わざわざ店舗に行くくらいなので情報を持っていない場合が多いのです。そもそもインターネットで情報収集していれば店舗に行くという行動は取らないですし、店員もそのことはわかっています。

 

なので、何も知らずに店舗に来る人というのは格好の鴨になるのです。店員にもそれぞれノルマがあるので、その達成のためにどんどん無駄なオプションを付けさせるということになります。それでもあとから文句を言うことはもちろんできませんし、解約すれば違約金が掛かります。なので最初に情報を得て、有利な条件で契約を結ぶということをおすすめします。

 

 

分かりにくいサービスには必ずウラがある

 

基本的に良いサービスというのはシンプルでわかりやすいものになります。消費者のことを考えるのであれば、なるべく消費者にわかりやすい方が良いに決まっているからです。
インターネット回線で言えば、単純に安くて速くて安定した回線であれば他には何もいらないのです。ですがサービスが複雑になるという理由は、消費者をごまかすためと言えるでしょう。消費者をごまかすというと言いすぎな感じもあるかもしれませんが、要するに消費者が実際よりもお得に感じるようにしたいということです。

 

サービスを複雑にすることによって、実際いくらお得で、逆にどんなデメリットがあるのかということを判断しにくくしています。そしてメリットばかりをアピールするということを行えば、消費者はよくわかないけれどもお得な気がするということになるのです。

 

キャッシュバックで気を付けてほしいこと

 

ソフトバンク光はヤマダ電機で申し込むともったいない!他のキャンペーンと比べて

 

キャッシュバックというものももともとは顧客が支払ったお金を一部返金しているだけのものになります。なので、本当であれば最初から料金が安い方が良くて、キャッシュバックというのは不要なのです。これはもちろん理想論なのですが、キャッシュバックの目的というのは、顧客にお得感を持たせることや、顧客を一定期間縛ること、広告にインパクトを出すという目的があります。
なのでキャッシュバックというのは料金が同じであればもちろん多い方が良いのですが、本来はまやかし的なものと言えるでしょう。

 

キャッシュバックは悪徳な営業によく使われる

 

またキャッシュバックに関しては落とし穴を仕掛けている業者もあります。どういうことかというと、キャッシュバックが高額であることをアピールしておきながら、実際にキャッシュバックを受け取れている人が全体の3割に満たないというような業者も存在するということです。
なぜそのようなことが起こるのかというと、キャッシュバックの受け取りが1年近く先であるにもかかわらず、特定の数日間に手続きを済ませなければその後はいっさいキャッシュバックの申請を受け付けないというような対応があったり、またその手続きの際の連絡もメール一本だけで、そのメールもあえてわかりにくくいているというようなものになります。

 

普段からカモフラージュのために大量にメールを送ったり、肝心なキャッシュバックのメールの件名をあえて別のことを書いたりします。他にもオプションの条件を厳しくするというようなこともあるのです。
ソフトバンク光は現状ではエヌズカンパニー・アウンカンパニーが良い業者なのですが、その時々で変わります。なので、その都度調べるのが良いでしょう。